2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Aチャンネル 第1話(感想) | トップページ | 青の祓魔師 第1話「悪魔は人の心に棲む」(感想) »

2011年4月21日 (木)

デュラララ!!x9 (成田良伍)

デュラララ!!x9 成田良伍 著 ヤスダスズヒト イラスト (2011年2月10日 初版発行 アスキー・メディアワークス)

「情報屋だかなんだか知らないけどさ。ちょっと目立ちすぎだよね、折原臨也さん? ―でも、もう二度とお仕事とかできなくなるしねえ」

東京・池袋。少年少女たちが歪んだ友情の中で抗う中、折原臨也の許に一つの依頼が舞い込んだ。それは闇カジノの裏を探るというもので、その結果、暗躍する臨也を狙い複数の組織から目を付けられてしまう。あげくついに監禁されてしまうのだが、魔の手はさらに双子の妹たちまで伸びていき……。

不敵に嗤う情報屋が手にした真実とは? 臨也の過去に何があったのか?そして、新羅を看病中の首無しライダーは―!?

さぁ、みんな一緒に、デュラララ!!x9  (カバーそでより)

今回は臨也中心。臨也に名前を貸した奈倉が保険屋を名乗る人物の問いに答える形で始まりました。

折原臨也とはどういう人物なのか?

かつての同級生であり金で名前を売り荷物の受け渡しを引き受ける程には関係があるのに臨也について何も知らないと答える奈倉ですが…

場面は一転、薄暗いバーの中。捕えられ袋を被せられた臨也らしき人物が一方的に喋り続ける女に脅されている様ですが…

事の起こりは四木から依頼。闇カジノ、アンフィスバエナの裏を探る事。

依頼を受けた臨也は運び屋・首無しライダーに仕事を依頼する。

ルリのストーカーに襲われ重傷を負った新羅を看病する首無しライダーは断るが報酬として新羅を襲った者の情報提供を提示され臨也に会う事に。

屍龍に護衛されながら現れた臨也から仕事内容を聞いた首無しライダーは…

臨也の少年時代。新羅との出会い。何故二人は友人なのか? 臨也にとって新羅とは?

二人の過去を回想しながら物語は進む。臨也の思惑通りに?

帝人は…

街に戻ってきた正臣は…

二人を待つ杏里は…

と言う訳で、巻が増えるに従って登場人物が多くなり、借りて読んでいる身としてはこの人誰だったっけ?な所もありましたがようやく9巻を借りることが出来、読めました。

今回は臨也が痛い目を見ずに臨也に都合よく進んでいった感じ。

臨也に良い様に使われている奈倉は自業自得なので同情はしませんが臨也(そして新羅)に出会った事は運が悪かったとしか…懲りずに悪に手を染めていたようなので臨也に出会わなくてもそれなりにしでかした可能性はありそうですが…そして今回は全てこの二人の所為かと思ったり…

新羅の行動を左右するのはセルティの気を引く事であるのでセルティが人外であるにも拘らず一番常識人らしい思考をしているのは幸いかもしれません。新羅もセルティがいる限り多少あれでもまともな行動を取れますし。

弱音を吐く相手も何も見えなくなっている帝人が痛々しい。登場場面も少なかったし。正臣が書いたチャットの内緒モードの書きこみに気づいて欲しいです。

前巻までの流れでルリ同様、杏里の身にも危険が及ぶのかと思っていましたが今回は大丈夫? むしろセルティの今後が不安ですね。臨也が何を考えているのかわかりませんが碌な事では無いでしょう。

双子姉妹と青葉のやりとりは青葉の悪行を知っていても微笑ましいと言うか女の子で変わる可能性もあるのかと思った。いっそ蕩けてしまえばいいのにと思うけれどそうはならないんだろうなあ。

赤林のおいちゃんが帝人にも目を付けたようですし、ぼちぼち帝人、正臣、杏里に話が戻って欲しいかも。

« Aチャンネル 第1話(感想) | トップページ | 青の祓魔師 第1話「悪魔は人の心に棲む」(感想) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574488/51455440

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!x9 (成田良伍):

» 成田某キャバクラなくなるの巻 [成田で働く社長のブログ]
成田の某キャバクラがなくなってしまった(;一_一) [続きを読む]

« Aチャンネル 第1話(感想) | トップページ | 青の祓魔師 第1話「悪魔は人の心に棲む」(感想) »