2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« シュタインズ・ゲート 第17話「虚像歪曲のコンプレックス - Made in Complex -」(内容メモ) | トップページ | 夏アニメの視聴状況 »

2011年7月29日 (金)

シュタインズ・ゲート 第17話「虚像歪曲のコンプレックス - Made in Complex -」(感想)

こちらは感想です。内容メモはこちら
誤字・脱字、勘違い等ご容赦ください。

(感想)

鈴羽と過ごした楽しい日々を失っても、任務が遂行できずに苦しみ死んだ鈴羽が望んだように鈴羽を引きとめるDメールを取り消した岡部。
結果、鈴羽は長生きはしなくとも以前の世界線ほど悪い人生でも無かった様子です。
そしてまゆりの命も一日だけ延命。
ダイバージェンスメーターが変化はしても1%を越え無かった様に、世界線は変わってもまゆりを救うほどには移動しなかった様です。

再び時間を遡り紅莉栖に助けを求める岡部。
この後まゆりに起こる危機、それを避けるためにタイムリープを繰り返してきた事、鈴羽の話、そして鈴羽を引き留めた事をDメールで取り消した結果まゆりが一日延命した事…
紅莉栖、岡部がタイムリープして戻ってくる度、岡部の話す未来の記憶や別の世界線での話を信用し、自分の論理を信用し最善を尽くします。

起こった事実だけから世界線を変えたDメールを順に取り消して行けばまゆりが助かる可能性があるという仮説を立てる紅莉栖。
根拠に乏しい仮説でもそれに縋る岡部。

鈴羽の次はフェイリス。

岡部を案じながらも、岡部に名前を呼ばれ嬉しかった事を忘れてしまうだろうと寂しく思っていても送り出してやる紅莉栖。

フェイリスが送ったDメールの内容を聞くためフェイリスを探す岡部。
フェイリスは見つかるものの…悪漢に追われピンチ!
その上、フェイリスはDメールと言われてもピンとこない様子。
これまでの世界線が移動した時の岡部以外の皆の反応を思えば当然の様にも思いますが…

追っ手から逃げながら、フェイリスを説得し聞きだそうとする岡部。

逃げる途中、メイクイーンがあった場所に立ち寄りフェイリスが以前の世界線ではアキバは萌えの街でそこでメイド喫茶を開き働いていた事を話す。
フェイリスはメイクイーンの事を覚えていた。
岡部ほど鮮明ではない様ですが世界線を越えても記憶を保持していた。
そして岡部にDメールで死んだ父を生き返らせたと打ち明ける。

しかし…内容を聞く前に追っ手に捕まってしまう。
多勢に無勢。ボコボコにされる岡部。
フェイリスあわやと言う時、フェイリスの声を聞きつけ駆けつけたのはフェイリス父。

フェイリスの家に向かう道中も、怪我の手当てをされフェイリスの危機を救ったお礼を言われている間も、互いに大切に思いあっている幸せそうな父娘の姿に複雑な思いの岡部。
IBN5100が手に入らないか尋ねてみる岡部だが、IBN5100は幼いフェイリスが誘拐された時に多額の身代金を用意するため売却してしまったと言う。
そのIBN5100は橋田鈴から預かったもの。
この世界線では鈴羽がIBN5100を入手。岡部達には渡らなかったものの入手する所までは任務遂行出来ていたようです。

それでも、まゆりを救うためにはフェイリスに父を諦めてもらわなければならない。

考え込む岡部の部屋を訪ねてくるフェイリス。
フェイリスでは無く本名であるルミホと呼んで欲しいと言い、いつもの口調ではなく改まった調子でお礼を言う。
10年前に飛行機事故で父を失くしたフェイリス。
父と最後に交わした会話に後悔していた。
父が事故に遭った飛行機に乗らない様Dメールを送っていたフェイリス。
この10年幸せだったと言うフェイリス。
フェイリスにとってもまゆりは大切な友人。
改変を取り消すDメールを送る事を承知するフェイリス。
自分にとっての王子様である岡部を困らせたくないと…岡部に縋って泣くフェイリス。
岡部が王子様か…追っ手に殴られ蹴られボロボロでしたが逃げずに守ろうとした姿はよく頑張ったなあと思った。
タクシー拾うなり警察に駆け込むなり出来そうなのにとは思ったけれど、色々と余裕は無かったかも。

そして…Dメール送信。
岡部の前に現れたのはメイド姿のフェイリス。そしてアキバに萌えが戻っていた。

フェイリスは移動前の父が生きている世界線の事を覚えているのか?
岡部から携帯を返して貰った後の様子だけではわかりませんが…

IBN5100は…10年前、フェイリスが柳林神社に奉納したものの、見つからず。去年まではあった様ですが…

フェイリスが諦めたものは岡部にとってのまゆりと変わらないかそれ以上のものだと思う。
岡部がまゆりの死を納得出来ずまゆりの死なない世界を求め改変し続けるのはまゆりの死の直後だから許されるのだろうか?
正直な所死んで10年経ったフェイリス父と何処が違うのか?と思ったり。
まゆりがフェイリスにとっても大切な友人で、フェイリスがDメールを送り父を死なせなかった事がまゆりの死を齎した可能性も否定できない。
岡部がまゆりを生き返らせる事に拘るのも実は大差ないのではないのだろうか?
そう思うとまゆりを生かす事は他者の死を齎すのかもと思ったり。(フェイリス父に限らず)

皆の助けを得ても最後は一人で背負っていく岡部は本当に辛いと思う。
フェイリスも本当に記憶が保持されているなら岡部を支えてくれるかもしれませんね。

それにしても岡部モテモテ。(ゲームは男性向けでしたっけ?)
今回の逃走劇を見れば王子様も分からなくはないですし、仲間を守りたいと思い行動する岡部は良いです。
最悪の結果であっても諦めずタイムリープを繰り返し足掻いているのですから過酷ではあっても研ぎ澄まされているのかもと思ったりして。

IBN5100は何処へ?
次はルカ子ですが…ルカ子がルカ男に戻ったらIBN5100も戻ってくるのでしょうか?

パパがいる10年間の記憶が消えてしまった方が良かったのか辛くても消えない方が良かったのか…今のフェイリスに記憶が残っているのかどうか?

« シュタインズ・ゲート 第17話「虚像歪曲のコンプレックス - Made in Complex -」(内容メモ) | トップページ | 夏アニメの視聴状況 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574488/52340513

この記事へのトラックバック一覧です: シュタインズ・ゲート 第17話「虚像歪曲のコンプレックス - Made in Complex -」(感想):

« シュタインズ・ゲート 第17話「虚像歪曲のコンプレックス - Made in Complex -」(内容メモ) | トップページ | 夏アニメの視聴状況 »