2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« シュタインズ・ゲート 第23話「境界面上のシュタインズゲート - Open The Steins Gate-」(感想) | トップページ | 現在視聴中のアニメ感想 その2(青の祓魔師、ダンタリアンの書架) »

2011年9月14日 (水)

現在視聴中のアニメ感想 その1(輪るピングドラム、神様ドォルズ)

と言っても、ぼちぼち最終話も近い作品も…
シュタインズ・ゲートは別に感想を書いているのでそれ以外の作品で気になる辺りを…

輪るピングドラム (第9話まで視聴)

始まった当初は別の番組の録画と被っていたため視聴していなかったのですが、好みは分かれても見続けると癖になるらしいとの噂で気になってはおりました。
録画し損ねた分は遅れて配信開始したニコニコ動画で補完。現在第9話まで視聴。

前回、晶馬が撥ねられた所で終わっていたため、晶馬は無事なのか!?とか、あんな格好のままの苹果はどうした?救急車呼んでくれた?とか思っていたら今回は陽毬のお話。

ペンギンを追いかける陽毬がうさぎを追いかける不思議の国のアリスの様に見えました。

中央図書館分室って陽毬の記憶?下に降りて行くほどしまい込んでいた記憶なんだろうか?

これまでずっとEDで登場する陽毬と女の子2人で、3人がドガの絵みたいなポーズしてるのがとっても気になっていたのですが、陽毬は仲良し3人でアイドルを目指していたのね。

陽毬以外の2人が、陽毬が約束したリボンを持って来られず、また自分を庇った母が大怪我し入院したため自分はオーディションを止めるから2人で受けて欲しいと言った時、こうした話にありがちな意地悪な展開ではなく、オーディションが応募できなくなっても陽毬のために出来る事を考え実行したり互いを庇い自分が責任を被ろうとしたりで、良い子達だなあと思ったりしたのですが…

陽毬が最後に学校に行った日、彼女達との最後の別れとなったのは陽毬の病の所為?それとも別の理由?

その後、彼女達は2人でアイドルになり、毎度見られる電車の中の宙づり広告の女の子達の絵もデフォルメされた彼女達。
陽毬もトリプルHのメンバーだったならEDの様な感じに歌っていたのだろうか?

あのピンクの髪の司書さんは何者?
記憶の奥底に出てきた将来を誓い合った男の子は誰?

それにしても父は冠馬を庇い、母は陽毬を庇ってガラスで怪我をしているのも気になる。

 

神様ドォルズ(第10話まで視聴)

第7話の先生の話は重い内容だったけれどこれは阿畿の話であって匡平の話ではない。
匡平が村から出たがっていた理由はわかりましたが、それでもあそこまでボコボコに阿畿を殴る理由になるのかと疑問だったのです。
誰が先に手を出し何があったのか…先生の素姓や阿畿との関係も後からでも知っていたのなら尚更。
詩緒が心配だからと言って、阿畿と同じ狂気が自分の中にある事を恐れているにしては殴り過ぎだし関わり過ぎな感じも…匂司朗が言っていた通り自ら村を出たのに中途半端に関わるのは良くない。(ま、今は覚悟を決めた様ですが…)
だいたい、第1話に登場した炎上した何かから匡平が皆を連れ必死で逃げる場面はどこにあるの!?あれが過去の事件じゃ無かったの?と何だかもやもやとしていたのですよ。

で、今回の第10話。

成程…まだ阿畿が正式に隻で、匡平とコンビ?だった頃の事件だったのね。
匡平の記憶は曖昧でもまひるは見ていたようです。匡平がククリの左手を開いた事を…
だから匡平に好意を寄せるのは分かる。
狗雅とは敵対する日向である自分に手を差し伸べ命を救ってくれた者であり、隻として類まれな才能の持ち主であると確信しているのだから。
でもその思いの寄せ方は傍迷惑だし横暴過ぎる。世間知らずもいい所!
村の中で通用する事が外では通用しないと誰も教えなかったのか?
常に誰かが後始末してくれると思っているのか?
当たり前で済んで来たんだろうから気にも留めていないんでしょうけど。
それもあって匂司朗はまひるでなく桐生をパートナーに選んだのかもと思ったり…桐生を危ないじいさんから助け出すだけでなく…まひるも誰かと手を組む事は望まなかったでしょうし…

今回も未だ姉の威厳は保てず姉弟の完全和解とは行かなかったようですが、詩緒と桐生、よいコンビになりそう。
最初から2人揃っていたなら兄ちゃんはさぞ手を焼いた事でしょうねえ。

次回は…日々乃さんがピンチ?阿畿と久羽子も如何なったのか気になります。

【送料無料】神様ドォルズ(9)

【送料無料】神様ドォルズ(9) 価格:560円(税込、送料別)

最新刊!

« シュタインズ・ゲート 第23話「境界面上のシュタインズゲート - Open The Steins Gate-」(感想) | トップページ | 現在視聴中のアニメ感想 その2(青の祓魔師、ダンタリアンの書架) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574488/52728573

この記事へのトラックバック一覧です: 現在視聴中のアニメ感想 その1(輪るピングドラム、神様ドォルズ):

« シュタインズ・ゲート 第23話「境界面上のシュタインズゲート - Open The Steins Gate-」(感想) | トップページ | 現在視聴中のアニメ感想 その2(青の祓魔師、ダンタリアンの書架) »